当院の特長|夢デンタルクリニック

メール

万全の減菌衛生

「安心・安全な治療環境の構築」は、歯科医院が、まず最初にやらなければならない「責務」です。

残念なことに、歯を削る機器を滅菌しないで使いまわしている歯科医院が多く存在し、
新聞などのマスメディアでも取り上げられました。多くの歯科医院では「コストがかさむから…」という理由で患者様に使用する器具を滅菌せず再使用しているという信じられないような現状があるようですが、夢デンタルクリニックでは開院以来、一貫して、「安全はコストに代えられない」という考えで、高レベルの万全の滅菌・衛生管理に取り組み続けています。

治療機器の使いまわしが問題になっています。

―以下、新聞記事の引用―

歯削る機器、7割使い回し 感染研調査
滅菌せず 院内感染懸念
歯を削る医療機器を滅菌せず使い回している歯科医療機関が約7割に上る可能性のあることが、国立感染症研究所などの研究班の調査でわかった。患者がウイルスや細菌に感染する恐れがあり、研究班は患者ごとに清潔な機器と交換するよう呼びかけている。

―引用記事ここまで―

夢デンタルクリニックでは万全の滅菌・衛生管理を徹底しています。

夢デンタルクリニックでは、開院時から、
日本よりもはるかに厳しい米国疾病予防管理センター(CDC)のガイドラインに基づき、標準予防策 (スタンダードプリコーション)を実施してきました。

開院当初からの取り組み

米国疾病予防管理センター(CDC)のガイドラインに基づいた滅菌・衛生管理を実施。

  • ① 患者様に使用する全ての器具をオートクレーブ滅菌処理。
  • ② 歯を削るタービンなどの高額機器も複数個予備を準備。
  • ③ ディスポーサブル(使い捨て)を徹底。
  • ④ 最新式の滅菌器を常に導入。

患者様ごとに洗浄 → 個別包装 →オートクレーブ滅菌処理
を愚直に繰り返しています。

最新式の機械の導入

最新式の オートクレーブ「Lisa」(リサ) も導入しています。リサは最も基準の厳しいヨーロッパ基準をクリアしたイタリア製の小型高圧蒸気滅菌機です。

リサの特徴は高温高圧で加熱殺菌する前に、数回にわたって庫内を真空にする事です。真空にしてから高温高圧の蒸気を送り込む事によって器具の隅々まで蒸気が行き渡り、完全確実に滅菌することができるのです。
実験では長さ1メートルのチューブの中まで完全に滅菌できる事が実証されています。夢デンタルクリニックでは、患者様に使用する器具は全て滅菌パックに入った状態で、診療台の上に配置されます。