メール

メタルフリー治療・セラミック

“歯科用金属による健康被害の原因を除去”
「メタルフリー治療」と白い歯「セラミック」。

歯科用金属の溶出によるイオン化、アレルギーテストを行い、
歯科金属を除去し、セラミックなどに置き換える、「メタルフリー治療」を行います。

アマルガムなどの歯科金属は、腐食による溶出、イオン化で体内に取り込まれ、アレルギーなどの原因となったり、口腔内に電流を発生させ、自律神経のバランスを崩したり、歯科金属自体が、電磁波のアンテナのようになって、体調不良を引き起こしたりすることが分かってきています。 夢デンタルクリニックでは、このような歯科金属を除去し、見た目にも美しく、人体に害のない、セラミックなどに置き換える、「メタルフリー治療」を行っています。

歯科金属は、様々な健康被害につながる場合があります。

①金属溶出による金属
アレルギーなどの健康被害

アマルガム、金銀パラジウム合金、ニッケル・クロム合金、銀合金など、歯科金属は、口腔内の過酷な環境下で、腐食し、溶出、イオン化し、体内に取り込まれ、様々な症状を引き起こすことがあります。

  • 金属アレルギー
  • アトピー性皮膚炎
  • 掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)
  • 気管支喘息
  • 口内炎
  • 内臓疾患など
②口腔内電流による
自律神経への影響

口腔内は常に濡れている状態なので、歯科金属が「口腔内電流(ガルバニック電流)」を発生させ、自律神経を乱し、様々な症状を引き起こすことがあります。人体は微弱な電流で機能しているため、ガルバニック電流が発生すると、様々な影響を受けることがわかってきています。

  • 不眠
  • イライラ
  • 体の疲れや痛み
  • 肩こり
  • 更年期障害のような症状など
③歯科金属が原因になる
電磁波過敏症など

歯科金属(金銀パラジウム合金など)が、まるでアンテナのように作用し、電磁波を集めてしまい、その結果、電磁波障害を起こし、様々な症状を引き起こすことがあります。 電磁波が原因の諸症状は「電磁波過敏症」と呼ばれており、アメリカの医学者である、ウィリアム・レイ博士によってつけたれた病名です。

  • 目がかすむ
  • 鼻づまり
  • めまい
  • フラつき
  • 肩こり
  • 頭痛
  • しびれなど

人体に金属アレルギーの心配のないといわれている、審美性の高さが魅力

安全で、見た目の美しい
「オールセラミック」

セラミックは人体に無害な歯科補綴物です。
その中でもオールセラミックは、実際の歯と見分けがつかないほどの見た目で、非常に美しく、審美性が高いのが魅力です。
安全で、見た目の美しい「オールセラミック」は、メタルフリー治療において、詰め替える場合に、近年、多く使用されると言えます。

前歯の場合

術前
骨格部分に金属を使用している
ものだと、歯ぐきが痩せたりすると、根元の部分が黒ずんでしまうことがあります。
術後
オールセラミックスでは金属を使用しないので、歯ぐきの境目が黒ずんでしまうことはありません。

奥歯の場合

術前
術後
左右の写真を見比べてみるとわかるように、オールセラミックスは、金属を使用していないので、見た目も非常に美しいのが特長です。また、金属アレルギーが心配な方にも適しています。

アマルガムのある症例

  • アマルガム水銀を含む金属
  • レジンインレー吸水するため劣化しやすいむし歯の再発が多い
  • パラジウム合金(金銀パラジウム合金)アレルギーを起こしやすいヨーロッパ先進国では禁止の方向

自然な白さのセラミックやハイブリッドセラミック

多種多様なセラミックを状況に応じて使用

夢デンタルクリニックでは、例えば、強い力のかかる奥歯には、しなりのあるハイブリッドセラミック、審美性を重要視される、前歯など見えやすい部分には、e-maxや、プロセラなど、状況に応じた、オールセラミックスや、ハイブリッドセラミックをご提案させていただいております。
補綴物の物質としての性質を考慮し、できる限り長持ちするよう、審美性と機能性を考え抜いたセラミック治療、メタルフリー治療を行っております。

メールでのお問い合わせ

011-667-4618